役立つ観光情報満載! アーモイタリア旅行ガイド

シエナとサンジミニャーノのまわり方について

質問No.1151731 : Sin より

8月にイタリア縦断をしたいと思っています。
その中でシエナとサンジミニャーノに行きたいと思っているのですが、それぞれの町はフィレンツェから日帰りで観光できますか?
フィレンツェ、シエナ、サンジミニャーノを見た後のはローマに入ろうと思っているのですが、どのようにまわれば効率的か、おすすめの行き方はありますか?

4 Responses to “シエナとサンジミニャーノのまわり方について”

  • Marco より:

    FirenzeからSiena、San gimignanoを周遊してその日の内にFirenze迄、電車とバスで戻る事は可能では無いですが、乗車時間が合計で4時間(乗り継ぎの待ち時間含まず)とかなりかかります。さらにその日の内にローマ迄行かれるのですか?
    あと、8月16日はシエナでパリオと言う大きなお祭りが有るので、この祭り目当て、若しくは祭りの雰囲気目当てじゃない限り、外した方が良いと思います。
    www.amoitalia.com/siena/palio.html

    Firenzeから電車またはバスだとSiena迄約1時間半、市内散策を3時間して電車でPoggibonsi迄30分、バスでSan gimignano迄30分。この街は小さいので2時間あれば大体見られると思います。観光後、バスでPoggibonsi迄戻って電車でFirenze迄1時間というところです。
    せっかくSiena迄行かれるのなら、アーモさんのツアーでトスカーナの田舎道をChiusiまで送ってもらって電車でローマというルートも有りかと思います。
    www.amoitalia.com/toscana/tour_toscana.h…

    Siena,Sangimignanoを見て、その日はFirenzeに戻るだけなのか、その日のうちにローマ迄行くのかで変わってきますね。

  • MAT より:

    以前8月平日にシエナとサンジミをバス利用で一日でそこそこ歩き回ったことがありますが、フィレンツェにはローマ行きの列車に充分間に合う時間に戻れています。宿なりSMN駅なりに荷を預けてフィレンツェ→シエナ+サンジミ→フィレンツェ→ローマ、は行程的には無問題。

    ただし、ローマ着が22時見当にはなろうかと思うので、もしも初ローマであるならあまりお勧めはしません。

    www.tiemmespa.it/
    の131Rか131と130利用かと思いますが、サンジミはPoggibonsi駅前経由なので鉄道併用も考えられます。Siena駅利用であれば街外れである点にご留意を。

    注意点が3つ。
    1)土日祝はバスの本数が少なくて行程が組みにくい。
    2)バスは座席指定予約でないので、土日祝や客の多い時期の、都合のいい時間のフィレンツェ発便は満員で乗れない可能性もあり。 ← 結構大変だった記憶あり
    3)それが目的でない限りは少なくとも8月16日のパリオ当日は避けた方がいい。

    シエナ→ローマのバス路線もありますが荷物を考えるとたぶん現実的ではないですね。

  • Sin より:

    お返事ありがとうございます。
    シエナとサンジミニャーノは同じ日に行っても、日を分けてもどちらでももよいと考えています。
    または2都市のどちらかで宿をとり、翌日にもう片方の町へ行くという流れでもよいかと考えています。ローマ行きはその日のうちでなくとも良いですし、またフィレンツェに戻ってからでもよいと思っています。
    シエナの祭りは日を外す予定でいます。
    市内散策はどちらも3時間ほどあれば足りると思っておいてよろしいでしょうか?

    このようなツアーがあるのですね!とても魅力的です。選択肢に入れておきますね。

  • Marco より:

    Firenzeから毎日移動するのは移動時間が勿体無いと思います。
    初日はFirenzeからSienaに移動して、街歩きと夕暮れ時のカンポ広場を楽しんで宿泊。翌日Sangimignanoへ移動、Firenze戻りは如何ですか?
    Sienaは何時間でも街歩き飽きないと思います。路地のそこかしこにコントラーダの紋章を探して歩くのも面白いです。各コントラーダは博物館を持っていて一般開放はしていないそうですが、ヤマアラシコントラーダは日本に馴染みが深いそうで、問合せて見ては如何です?
    www.istrice.org
    Pubblico Palaceはカンポ広場の反対側に出れる階段があって、登った先のベランダ(と言ってもすごく広い!)から眺める景色は一幅の絵の様でした。

この質問への回答は締め切りました