役立つ観光情報満載! アーモイタリア旅行ガイド

レンタカーの請求について

質問No.5464 : ミーチョ より

先日シチリア・カターニャでレンタカーを借りました。
日本からレンタルカーズからSicilybycarで予約して行きました。サイト上では保険も全て付いていると書かれていたのですが、実際カターニャに着くと保険加入を勧められました。異国の地ですし安心したい気持ちと語力が弱いので加入しました。
カード決済にしており、予約時にレンタルカーズから決済され、また最近になってautoeuropeから決済が来ました。保険やガソリン不足代を考えても後者の金額は多い気がするのですが何分海外でのレンタカーは初めてなのでわかる方がいらっしゃれば教えていただきたいです

4 Responses to “レンタカーの請求について”

  • MAT より:

    「サイト上では保険も全て付いていると書かれていた」というのが実際どういった表現だったのかわからないのでなんとも言えないんですが、
    www.rentalcars.com/ja/
    であれば、今見る限り「弊社の商品には車両盗難保険、自車両損害保険(CDW)、地方税、施設使用税、道路税が含まれております。オプショナル商品、追加運転手料金や、若年運転手料金や乗捨て料金等のオプショナル料金は現地にてレンタル開始時別途お支払いとなります。」とあるので、たとえば HERTZ で言うところのスーパーカバー、「契約条件下においては何があっても費用負担なし(と私は理解していますが保証はしません)」の保険であれば現地別払いでしょう。で、この手の保険と追加の搭乗者保険の合計額は、少なくとも HERTZ だと素のレンタルフィー+ミニマムの保険類の値段より高いことが普通です。

    お書きの情報の範囲では、「それはあり得るけれども具体的な契約内容がわからないのでそれ以上はわからない」というのがご返事になります。

  • ミーチョ より:

    MATさん
    早速の返答ありがとう御座います。
    現地の保険の説明では「全損しても負担がない保険」の様な説明を受けたのでスーパカバーに当たるものかもしれません。
    教えて頂きたいのですが、海外でのレンタカーではスーパーカバーたるものを付けるのが当たり前なのですか?

  • Marco より:

    横から失礼します。ハーツの例ですけど最初の契約時、CDWに加入したと思います。
    【 車両損害補償制度 - Collision Damage Waiver (CDW) 】
    レンタルした車両に損害が生じた場合、規定の免責額をお支払いいただくことで、それ以上の損害を補償する制度です。加入料および免責額は車種クラス・利用地域等により異なります。
    盗難保険もほぼ同様です。
    これら保険内容の曲者は「規定の免責額」でして、全損や盗難にあった場合フィアットプントクラスで日本円で70万円から100万円を支払って下さいとの事です。(こんな高額なら何の為のCDWかと思います)
    全損迄行かなくても、バンパーぶつけて修理期間2週間、その期間貸し出せないのでこの場合もかなりの金額を請求されます。
    スーパーカバー保険に加入することで、この免責額の支払いが免除されます。
    不慣れな外国、特に駐車してると当て逃げ、盗難が多いイタリアはスーパーカバー加入したほうが良いと思います。
    払える財力のある方なら加入せずレンタル料金抑えれば良いですが、僕はとても100万など支払えないのでスーパーカバー加入します。

  • MAT より:

    二重請求の可能性もあるので、請求額について疑義があれば当初の申込み窓口に問い合わせるべき話とは思いますが……。

    スーパーカバー的な保険については、リスクをわかった上で付帯しない、という判断もあるでしょうね。付帯しない場合の保険条件と、別途手配の旅行保険なりがあればその内容次第なので、一般論としては「付けた方が無難」としか言えません。こと伊HERTZ に関しては Marco さんお書きのような条件なので、CDW だけで借りるのはかなりハイリスクと断言しますが。

    ただ、保険条件とは別に、正の契約書は現地語版のはずなので、これも一般論としては、何かあった時の後始末はイタリア語でつける覚悟が必要でしょう。場合によっては英語でもOKかもしれませんが、それも必要な英語力があっての話です。

    で、イタリア語での後始末には自信がないし、旅行スケジュールが後始末で狂うのも避けたいので、私はスーパーカバーには入るようにしていますし、それなりのトラブルは起きているので実際に役に立っています。

この質問への回答は締め切りました