役立つ観光情報満載! アーモイタリア旅行ガイド

タックスフリー・免税

マルペンサ空港発EU内経由で帰国の場合のMXPでの税関手続きおよび返金について。

質問No.1677631 : KUKU より

ミラノマルペンサからルフトハンザでミュンヘンを経由して同日発で日本に帰ります。
現在、マルペンサからの場合、イタリアでの購入商品だけであれば、税関でスタンプをもらわなくても
リファンド業者の窓口で返金されると聞きました。そこで、上記のような帰国の場合、

(免税品を荷物に入れてチェックインの場合)アリタリアチェックイン後、スーツケースを持って、
①マルペンサで税関をスルーし、隣(?)のリファンド業者窓口で返金を受けられる。
②マルペンサで税関でスタンプをもらい、ミュンヘン空港乗り継ぎ時に業者窓口で返金を受ける。

これは無いかもしれませんが、
③マルペンサでは税関スタンプ不要ということで、何もせず荷物をチェックインし、
 ミュンヘンの乗り継ぎ時に、業者窓口で「マルペンサからだから、スタンプもらわず、免税品荷物も預 けた」とボーディングパスの半券でも見せて、返金を受けられる。。。。

手持ちであれば、マルペンサで税関をスタンプをもらい、ミュンヘンで返金ということになるんだと思いますが、免税品を荷物に入れて預けてしまいたいというのが希望です。
それに、時間のこともありますので、MXPで税関をスルーできるならしたいと思っています。

この中に正解があるでしょうか? あるいは、正しい方法をお教えいただけますでしょうか?
御経験者の方、お願いいたします!

コメントはまだありません

フィウミチーノ空港での免税手続きについて(オンラインチェックイン済みの場合)

質問No.1562519 : しろねこ より

11月に成田発ヘルシンキ経由でローマに旅行予定です。
フィウミチーノ空港での免税手続きについて教えてください。
オンラインチェックインを前日までに済ませた場合、(免税品を預け入れる)スーツケースにクレーム タグがついていない状態でも税関手続きは可能でしょうか。
(チェックイン済みを証明する画面を見せればOKでしょうか)
それとも、最初にチェックインカウンターに行き、クレームタグと搭乗券を発行してもらった後でないと受けつけて貰えないでしょうか。
空港にはドロップバゲッジカウンターはありますでしょうか。なければ、オンラインチェックインが済んでいてもチェックイン待ちの人と同じ列に並ばなければならないでしょうか。
となると3時間前に空港に到着してもギリギリなのではないかと心配です。
お手数ですが、ご存知の方、ご教示願います。

1件のコメント

One Response to “フィウミチーノ空港での免税手続きについて(オンラインチェックイン済みの場合)”

  • 匿名 より:

    タグが付いていないと税関でスタンプは押してもらえないはずです(そのスーツケースがEU外へ行く証明がタグなので)
    税関の所にはバゲージドロップはありません、航空会社のカウンターに免税手続き後のスーツケースのバゲージドロップがあるかは、キャリアによると思います
    以前JALが飛んでいた時はあった、キャセイは今でもあった様な記憶があります

この質問への回答は締め切りました

ヴェネチア マルコポーロ空港内での買い物は免税ではないのですか?

質問No.1359563 : みっちゃん より

空港内の免税店は免税手続き不要と思っていましたが最近は違うのでしょうか?
マルコポーロ空港ースキポール空港ー成田をKLM空港で帰国しました。
マルコポーロ空港でパスポートチェック後にフェラガモでネクタイを2本買うと、スキポール空港で15%の税金が帰ってくると行って書類を作ってくれました。
結局飛行機が遅延し、乗り換え時間40分で空港内を走る事になったので税関にはよれず帰国しました。

空港内のブランド店等は手続き無く既に免税価格になっていると思っていましたが、間違った認識だったのでしょうか?
最近空港ではあまり高いものを買ってないのでいつの間にか変わったのかしら?

1件のコメント

One Response to “ヴェネチア マルコポーロ空港内での買い物は免税ではないのですか?”

  • セダ より:

    EU最後の空港で免税手続きをするのがセオリーですので、これで正解です。
    もしフライトがローマからアムステルダム間のみなら免税手続きも出来ません。(EU国外へ出ないという意味)
    スーツケースに入れるような物を免税にしてEU-EU-EU国外へ移動のようなな場合は、最初のEU国で免税手続きをやってもらえます。(EU国外の目的地のタグを最初に航空会社で付けてもらってから税関で見せる)

この質問への回答は締め切りました

TAX Reefundについて

質問No.1337446 : まぁ より

この度はローマでのカラカラ送迎とフィウミチーノまで送りでお世話になりました。どちらのドライバーもとても親切で快適でした!

貴社HPがとても参考になりましたが、TAXReefundのページについては残念です。
フィウミチーノ空港の情報が古く、現地では尋ねながら辿り着く事ができました。Egateへの直前左側です。
そして書類をもらって、返金カウンターに並んでいたときに突然停電をし、復旧を待つとボーディングタイムに遅れてしまうため、フィウミチーノでは返金せず
成田に戻りました。そして2016年の2月まででリファンドカウンターは終了したことを知りました。現在は投函か郵送によるクレジットカード等の返金のみだそうです。ぜひ新しい情報に更新してください。
よろしくお願いします!

1件のコメント

One Response to “TAX Reefundについて”

この質問への回答は締め切りました

ミラノでの免税手続き

質問No.1285384 : ジュゴン より

チェックインで2時間もかかってしまい、免税手続きの時間がなくなり、日本に帰国しました。一方、イタリア国内での買い物であれば、スタンプが不要と聞いております。ということは、スタンプなしの書類を直接郵送でグローバルブルーに送れば処理が可能なのでしょうか。

2件のコメント

2 Responses to “ミラノでの免税手続き”

  • Marco より:

    イタリア政府観光局の「免税制度を利用する」のコラムをご覧ください。
    visitaly.jp/more-information
    残念ですが日本に帰国後は、税金還付する事は無理な様です。
    グローバルブルー社の日本語対応窓口電話番号も載っているので、確認なさっては如何でしょうか?

  • ジュゴン より:

    marcoさま
    ご回答有難うございます。
    メールにて問い合わせしてみます。

この質問への回答は締め切りました

ローマ空港ターミナル1における免税手続き

質問No.1138111 : tat より

6月にイタリアに行きますが帰国便はアリタリアです。今年3月よりアリタリアの使用ターミナルが3より1に移動しておりますが、私の過去の記憶ではターミナル1には税関はあっても現金の払い戻しカウンターはありません。よって手続き後封筒を投函するか、成田で払い戻し受けておりました。現在も変わりありませんか。アリタリアターミナル移動後免税手続きされた方がいらしたら教えて下さい。

コメントはまだありません

この質問への回答は締め切りました

ヨーロッパ周遊でスイスでの免税について

質問No.1056893 : Maxnana より

イタリアから地上交通でスイスに行きチューリッヒから日本に帰国する場合、スイスはEU外になりますのでその場合はどこで税関のスタンプをもらえばよいでしょうか。
ミラノから車でスイスまで移動します。
航空券はチューリッヒからしかありませんが、例えばミラノの空港で税関のスタンプはもらえるのでしょうか。
市内にそのようなところがあればわざわざ空港まで行く必要もないのですが、どなたかご存知のかたどうぞよろしくお願いいたします。

1件のコメント

One Response to “ヨーロッパ周遊でスイスでの免税について”

この質問への回答は締め切りました

ミラノ空港免税手続き凡その所要時間教えくだ

質問No.1019578 : ポッキー より

当方、67歳夫婦で全くフリー旅行を堪能中です。
イタリア国内のみの買物で、税金払い戻しの書類は、
お店で書いて頂きました。
イタリア国内ノミの買物ならば、税関の証明不要
とネットに書きこみされていますが、本当でしょうか?
ミラノ空港11時の出発です、手続きの凡その
所要時間は、どれ位みれば良いでしょうか?
お恥ずかしい話ですが、僕ら夫婦英語全く駄目
です。
アドバイスをお願いします。

2件のコメント

2 Responses to “ミラノ空港免税手続き凡その所要時間教えくだ”

  • 通りすがり より:

    税関の証明というのは、税関のスタンプという意味でしょうかね。
    タックスフリーの還付金をもらうには、税関のスタンプは必ず必要ですよ。税関のスタンプなければお金は戻ってきません。
    ミラノ空港の税関「Customs」に行き、そこでタックスフリーの書類を提示します。その時に商品も見せろと言われたら、その購入した商品(未使用であること)を見せます。あとはパスポートも提示すれば税関のスタンプがもらえます。

    そのスタンプが押された書類を近くの「タックスフリー窓口」に持って行くと、お金が戻ってきます。

    おおざっぱに書くと上記のような手順です。所要時間は混雑がなけらば30分、混んでいると2時間くらいかかることもあります。1時間くらいが目安でしょう。

  • ああ より:

    イタリア国内のみの買物であればチェックイン後、タグのついたスーツケースを持ってグローバルブルーなどのカウンターに直接行けば手続きできます。
    時間によって長蛇の列の時もありますので余裕を持った方が良いのではないでしょうか。

この質問への回答は締め切りました

タックスフリーの手続きが分かりません

質問No.723540 : いっちゃん より

リナーテ空港からスキポール空港、スキポール空港から関西空港という帰国経由になりますが、スキポール空港の乗継滞在時間が1時間10分しかないので、スキポール空港でこの時間内で上手く手続き出来るのか不安です。
リナーテ空港でタックスフリーの手続きが出来れば良いのですが、税関の職員が不在の場合が多いみたいなのでどうしたらいいのか、良いアドバイスいただけると助かります!

4件のコメント

4 Responses to “タックスフリーの手続きが分かりません”

  • うーたん より:

    どなたからも返事がなさそうなので。
    税関のスタンプは税関でしかもらえないので、税関の職員が不在だとどうしようもないですね。
    過去に同じようにスキポール空港乗換えの方が、タックスフリーについて質問されていたと思います。左上の検索ボックスで「スキポール」もしくは「タックスフリー」で検索してみてはいかがでしょうか。

  • masseto より:

    何年か前にヴェネツィアでブランド物を買った時に、店員さんから、空港でなくても街中のオフィスで免税手続きができると聞いたことを思い出しました。

    調べてみたら、グローバルブルーのダウンタウンリファンドのオフィスがミラノのモンテナポレオーニ通りとスピガ通りの間にありますね。
    タックスリファンドの代行手続き会社は数社ありますが、受け取った書類がグローバルブルーならば、空港ではなく、ここを利用するのも手だと思います。
    www.globalblue.com/customer-services/tax…

  • masseto より:

    スキポールでの乗り換えでしたね。ダウンダウンフィファンドができるかどうか、微妙なので、オフィスでダメもとで聞いてみてください。

  • 堂 剛 より:

    massetoさんの書かれた内容に付け足しますと、
    町にあるリファンド・オフィスでも事前に還付金は受け取れますが、空港の税関でのスタンプは必ず必要です。
    リファンド・オフィスで還付金を受け取る際、クレジット情報を提示する必要があり、空港の税関でスタンプをもらわなかった場合、後日、そのクレジットカードに還付金が請求されます。
    また町のリファンド・オフィスは円がない場合も多く、ユーロもなくて、ドル返金のみということも多いようです。ご注意ください。

この質問への回答は締め切りました

後日郵送の免税手続きについて

質問No.242763 : momo0929 より

€155以上のオーダーメイドの商品を購入しました。
作成に一週間かかるので、後日空輸で日本に届けてくれることになったのですが
この際の免税手続きについて質問させて頂きます。

購入時は舞い上がっており、ちゃんと書類を確認しなかったのですが
もらった紙には記載した住所などとレシートはありますが
パスポート番号などは記入していません。
今考えるとパスポートも見せていませんが
「taxfree ok!」みたいなやりとりは何度もしたはずなのです。。

この場合免税手続きはできないのでしょうか?

自分の不注意と曖昧なイタリア語で購入手続きを終わらせたことを今更ながら猛省しているのですが
パスポート番号記載なし=免税書類ではない
つまりこの書類は恐らくただの発送の控えかなにかということで間違いないでしょうか。。

それとも帰国時に商品を受け取っていない場合
他の手続きがあるのでしょうか。
申し訳ありませんがご教示願います。

3件のコメント

3 Responses to “後日郵送の免税手続きについて”

  • 匿名 より:

    イタリアの免税手続き書類、パスポートナンバーや住所など必要な記入は、店内で自分で行った上で、書類を作ってもらいます。
    そもそも、書類にパスポートナンバーを記載する欄があるのでしょうか? ないのでしょうか?
    でも、もし欄があったとしてもイタリア(EU)出国のときに、税関でハンコを押してもらわないと、免税手続きは絶対にできません。

    また、税関では書類と一緒に商品もすぐ出せる状態にしておくことが条件なので、商品がないと手続きができない可能性はあります。
    基本、オーダーメイドの品が完成するまでイタリアに滞在し、現物を受け取って帰国する人だけが免税手続きができるのだと思ったほうがいいです。

    それと、商品は別送品扱いにしましたか? そうでないと関税(日本の税金)がかかります。

  • 堂 剛 より:

    私も空輸で商品買ったことないですが、匿名さんの書いたのが正しいように思います。
    私が良く行く高級バッグ店ですと、オーダーして後日郵送する場合は、タックスフリーできないからと、購入時に料金からタックスフリー分を割引きして精算していました。

  • DS より:

    今から10数年ほど前でしたでしょうか、フィレンツェで紳士靴を誂え、値段は単位がまだリラで、確か120万リラ(約72,000円)ほどだったと思います。

    店主に、「タックスフリーは利用できますか?」、と尋ねましたが、「空港で現物が無いと手続きが取れないので、誂え靴の場合は難しいね。完成までには2,3か月かかるから。」、と言われたのを思い出します。

    ですので、ご質問の状況ですと、タックスフリーは難しかろうと思います。

    ただ、タックスフリーの書類は全部そろっていて、現物だけが後日届くという状況であれば、空港で手続きする時に、係員がたまたま「現物を見せなさい。」、と言われなければ手続きができてしまいそうな気がしますが、お持ちの書類がタックスフリーに関する書類かどうかが判然としないので、軽々にアドバイスできませんのですが・・・。

この質問への回答は締め切りました

免税について

質問No.6330 : マサズミ より

昨年11月3日からイタリアに10日間旅行の旅行に行きました。添乗員さんに書類をチェックして頂きローマ空港で免税ポストに投函しましたが未だ処理がされていません。時計(カプリウォッチ)をお土産に3個購入、2個はドルで支払い後1個はクレジットカードで支払いました。申請書類に購入明細書を入れたのでクレジットで購入した控えしか残っていません。確認の仕方を教えてくれませんか?

コメントはまだありません

この質問への回答は締め切りました

免税手続き

質問No.6311 : あさこ より

こんにちは。
どこに聞いたらいいのか分からなかったのでここで質問させて頂きます。
どこに聞くと良いかだけでも教えて頂けるとありがたいです。

今度イタリアで100万ほどの楽器を購入する予定です。
現在お店の人と相談していて、免税価格で購入できるそうなのですが、いわゆるタックスフリーの組織を介さず免税手続きをする方法を提案されています。

購入時は全額支払い、帰る前に空港で税関の正式な免税書類をもらう。日本へ帰国後書類をイタリアへ送り、お店から返金する。
書類の郵送期間は購入日から4ヶ月以内。

とのことです。
できればこうしたいのですが、この情報が正しいのかよく分からず困っています。
ネット上を調べた限りではこの方法は誰も書いていませんでした。
この免税手続き方法も存在するのですか?
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら詳しく教えてください。
よろしくお願い致します。

5件のコメント

5 Responses to “免税手続き”

  • Marco より:

    1)購入者が現地で直接購入する場合
    一般的な免税手続きが2ページ目に載っています。
    www.enit.it/ar/sediestere/asia/tokyo/ter…
    私が知っている方法はこれしかありません。申し訳ない。
    2)購入は日本国内に居て、個人輸入する場合
    電気部品(現地価格約500ユーロ)を買った時は、税金が引かれた価格でした。

    それと、老婆心ながら、
    ・100万以上の現金を日本国外へ持ち出す時は成田空港で申告が必要。
    ・イタリア入国時も同様に申告必要。最悪没収の可能性あり。
    以下のページの現金に関する項目をご覧下さい。
    www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_zei…
    日本国内に楽器を持ち込む場合、輸入関税は無税の様ですが消費税が課税される様です。以下のページに電話番号があります。
    www.customs.go.jp/tokyo/narita-airport_i…

  • あさこ より:

    お返事ありがとうございました。
    結局どう調べても、どこに聞いても誰も知りませんでしたが、お店の人と何度もやり取りして丁寧に教えてもらった結果こうでした。

    楽器を買う。代金は全額分払う。但しIVA分の返金額のみお店で保管するため紙幣で払い、残りの代金はクレジットカード可。購入時にお店で書類をもらう。
    日本へ帰国するとき、空港で書類に印鑑をもらう。日本に着いたら書類をお店へ郵送する。
    お店の人が書類を受け取ったらクレジットカードへお店から返金する。

    そこで新たな質問なのですが、私は空港のどこで印鑑をもらえばいいのでしょうか?
    税関でとは言うものの、免税カウンターのことですか?それとも本物の税関?免税カウンターは会社ごとに分かれてると聞いたのですが、何も会社を通さない私が印鑑をもらう場所はどこなのでしょうか?
    海外で高級品を買うのは初めてで免税カウンターとか税関とかがよく分かっておりません。
    どなたか教えて頂けたら助かります。ちなみにお店の人はちゃんとしたこの筋の知人に紹介してもらった信頼できる方たちなので騙されてるとかの心配はないと思います。(あるとすればお店の人が本気で間違えてるということですね)

  • あさこ より:

    ちなみに郵送期間は結局購入日から3ヶ月以内でした。

  • sawa より:

    随分前のことですし、国も違うので回答を躊躇しましたが、私もウィーンでクラシックギターを購入したことがあります。その時はお店で免税の書類を書いて貰って(税関で正式書類が出される等ということはありません)、税関で押印を受け、帰国後書類を送付しました。返金は3~4ヶ月後位にクレジットカードに間違いなくありました。

    ご質問の押印を受ける場所は、あさこさんが言われる“本物の”、といいますか、税の還付を受ける者は皆、ここで書類にスタンプを貰いますが、その「税関」です。疑問に思っておられる“免税カウンターは会社ごとに分かれてる”というのは、例えば、社名グローバル・ブルー社やプレミアム・タックス・フリー社等の代行業者のカウンターのことで、各加盟店になっているお店で品物を購入すれば、これら代行業者が、加盟店の代わりに返金手続きをしてくれます。あさこさんの場合、店側の言うことに間違いがなければ、この代行業者を介さずに還付を受けるので、帰国後に「税関」で貰った免税サイン(スタンプ)のある書類をお店宛に送ることになります。

    私はギターと書類を税関所員に見せてスタンプを貰いましたが、事務所内では随分待たされた記憶があります。しかし印を貰って問題無く出国、帰国しました。ただ、前述通りもう10年以上も前の事ですし、国も違う、何よりもお金が関わることなので、参考程度になさって下さい。なお、税関は「DOGANA CUSTOMS」と大きな表示があって、ここまで行く通路には 「VAT REFUND」(付加価値税還付)の案内が矢印で記されています。それとお心づもりはされていると思いますが、どの空港へでも時間にはほんとに余裕を持って移動なさって下さい。昨年末ローマ空港を利用しましたが、この空港では5月に起きた火災事故の復旧がまだのようで、昨年末時点ですが、第3ターミナルの通路は使えなくなっていました。

    余談ですが、持ち帰ったギターは、日本には少なくなっているハカランダという高級素材を使用した堅牢な、いかにもドイツっぽいギターで、ネックの歪みもなく、今も良い音を出しています。買い得でした。あさこさんが購入される楽器も楽しみですね。

  • あさこ より:

    お返事ありがとうございます。
    正にお店の人が言っているのはこのやり方だと思います。書類は空港でもらうというのは間違えで、購入日にお店から渡すと言っていました。イタリアの税関の詳しく書かれた説明書類もメールに添付してくださり、私ではそこまで理解できないので、イタリア人の友人に見てもらったところお店の人が言ってたのと同じことを言っていました。書類の発行期日も2016年1月だったので、今のところ間違いはないと思います。
    いろいろと分かって来ました。Marcoさんもsawaさんも本当にありがとうございました。
    うまくいくよう、願ってやってみます。

この質問への回答は締め切りました

リタックス

質問No.6284 : 匿名 より

いつも参考にさせていただいております。
リタックスについてがいます。
先日、ローマのCanpo Marzioという日本にも支店があるお店で買い物をして、リタックスをお願いしたら、30パーセントも値引きしたのでリタックスは出来ないと言われました。260€です。
バーゲンセール品はリタックス出来ないのですか?
それともそのお店がリタックスの加盟店でないのですか?

2件のコメント

2 Responses to “リタックス”

  • 匿名 より:

    CanpoMarzioはリタックスの加盟店ではないと思います。店内にも加盟店の表示はありませんしね。それとSoldiで購入した品物でもちゃんとリタックスはできます。加盟店で一定の金額以上であれば。

  • 匿名 より:

    匿名さん

    解答ありがとうございました。
    スッキリしました。

この質問への回答は締め切りました

リタックス

質問No.6283 : 匿名 より

ローマの空港Gゲートから出国の場合、機内持ち込みのリタックス申請をH1ゲート付近でしていましたが、先日はシャトルで行ったGゲート内に移転していました。投函ポストだけで返金ブースはありません。

コメントはまだありません

この質問への回答は締め切りました

ヨーロッパ乗り継ぎで出国する場合の免税手続きについて

質問No.5422 : ころ より

はじめまして、こんにちは。
現在、イタリア旅行中でいつも拝見しております。

イタリアの店舗で買い物をした後にTAX FREEの手続きをしてもらいました。
我々の旅行は、イタリアから一旦ドイツに入り、ドイツで一泊したのちに日本へ向けて出国します。

サイトのご指南を確認すると、最終出国地の空港で手続きをと書かれていました。
イタリアでのタックスフリーも関係なく、ドイツの空港(当方、ミュンヘン空港から出国)でも手続きは可能ということでよろしかったでしょうか?

免税手続き書類に堂々とITALYと大きく書かれてありましたので、少し心配になりました。

よろしくお願いいたします。

1件のコメント

One Response to “ヨーロッパ乗り継ぎで出国する場合の免税手続きについて”

  • masseto より:

    この場合は、ドイツで手続きです。
    ミュンヘンからの直行便で日本に戻るのであれば、ミュンへンで手続きをします。
    もし、ミュンへン空港→フランクフルト空港乗り継ぎ→日本なら、免税品を手荷物にする場合はフランクフルトの空港内で行うことになります。スーツケースに入れるなら、ミュンヘンで行います。

この質問への回答は締め切りました