予約バウチャー について

こんにちわ。

1月末から初めてのイタリア一人旅を予定しています。
すべて個人手配で行くつもりで、こちらのサイトやネットの情報をもとにバチカン美術館やウフィッツ美術館、イタロの乗車券を予約しました。
そして無事に予約バウチャーがeメールで送られて来ており、予約サイトには「このバウチャーを印刷して持参するように」等、書いてありました。
しかし、私はiPhoneを利用していまして、iPhoneのeメールに送られてきたバウチャーを印刷するところで大変苦戦をしています(´Д` )
バウチャーをよく見るとバーコードが添付されていたり、ウフィッツ美術館とイタロのバウチャーは予約番号がありました。
すぐにiPhoneから提示出来るのですが、やはりプリントアウトしなくてはいけないのでしょうか?
わかる方いらっしゃいましたら教えて頂きたいですm(__)m

4 Responses to “予約バウチャー について”

  • T.kuroda より:

    美術館はわかりませんが、車内改札はあわただしくしており、あまり親切ではなく英語も通じないので、無用のトラブルを避ける意味でも、紙で持っていくことをお勧めします。
    iPhoneからの印刷は、一度印刷できるPC(会社とか友人とか・・)にファイルごと転送して、印刷したらいかがでしょうか?

  • mi-na より:

    > T.kurodaさま

    回答していただき有難うございました(*^^*)
    確かに一人旅ですので、無用のトラブルは避けたいとおもっていました。
    職場にプリンターがあり、助けを借りながらf^_^;プリントアウト出来ました!
    これで一つ不安はなくなりましたので、元気に旅立ちたいと思います!

  • zz より:

    私も同様に考えていたのですが、行ってみてトラブルになるのもイヤだったので、結局はプリンターを買い、印刷したバウチャーを持って2週間前に行ってきました。

    ヴァチカン美術館は、入口前に立っている係員に印刷したバウチャーを渡し、係員はその紙にバーコードリーダーをあててチェックし、入館OKとなります。続いて、荷物チェック後に窓口に行って入場券と引き換えするのですが、その際にも印刷したバウチャーを窓口の人に渡し、再びバーコードリーダーでチェックします。なので印刷した紙のバウチャーは必ず持って行った方が良いです。世界の人はどうしているのだろうと周囲を見渡しましたが、やはり皆、印刷した紙を持ってました。

    イタロは、走行中に車掌さんが検札に廻ってくるのですが、切符や印刷した紙を渡し、車掌さんはスマホみたいなものでチェックしてました。私の近くの席ではiPhone等を車掌さんに見せていた人はいませんでした。

    実際のところ、iPhoneで対応可能かどうかは不明ですが、こちらも印刷したものを持っていった方が良いと思います。

  • mi-na より:

    > z z さま

    ヴァチカン美術館の予約入場のやり取りを詳しく教えていただき有難うございました(*^^*)
    やはり行かれたことのある方の体験を聞けるのはとても参考になります!とても有難いです!
    こちらに質問を寄せる前は、iPhoneでも大丈夫なんじゃないかと、少しナメておりましたf^_^;
    イタリア語も英語もまともに話せないので、出来る予約は日本でと思い予約しました。
    最後まで気を抜いては駄目ですね。
    憧れのヴァチカン美術館楽しんできますね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Powered by WordPress. Design: Supermodne.