trenitaliaのバス運行について

マンフレドニアのサン・レオナルド教会に行きたいのですが、trenitaliaの運行するバスがそばを通るようなので、できたら利用したいと考えています。
フォジア→サン・レオナルド教会(途中下車)→マンフレドニアと移動したいのですが、チケットはフォッジアの駅でマンフレドニアまでを1枚購入すればいいのでしょうか?
電車だと、刻印してから6時間以内に目的地に到着すれば、途中下車、再乗車は自由だったと思うのですが、それはバスでも同様でしょうか?
また、FSでもSITAバスでも停留所としてManfredonia Mattatoioというのがあるのですが、どのあたりのことかわかりません。シポントのサンタ・マリア・マッジョーレ教会にも行きたいので、近くでしたらそこで下車したいのです。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

19 Responses to “trenitaliaのバス運行について”

  • Scibatini より:

    San Leoより検索難易度高くてサーチ・エンジンだけでは万歳です。 

    英文メールはいけるyooqueさんですから、SITAへ直接お尋ねになられては如何ですか。
    info@sitasudtrasporti.it

    後学のためにfeedbach reportアップしていただけるとありがたいです。

    ***
    情報かなり古いですが、件のバスはServizio integrato、Integration Service by SITA and Trenitaliaのようです。 
    www.arem.puglia.it/pdf/servizi/treni/tre…

    SITAはTrenitaliaよりお返事いただけ率高いですが、San Leo 2000で経験済みの通り、日を違えて2、3回聞くのがコツであるところは一緒です。

    ちなみに、辞書を信じる限りMattatoioって屠殺場です。 すごい名前です。

  • Scibatini より:

    ああ、先の時刻表見直して目論みと悩み判った気がします。 Foggiaから電車だとSipontoで下車すればよいけれど、バス乗車券で途中下車可能ならばManfredonia Mattatoioから行けないかなぁ、と。 バス・電車共通券になっていて途中下車可能ならば一発解決ですね。 

  • Scibatini より:

    Siponto駅を挟む、二つの停留所Bivio Siponto(シプント分岐路)とManfredonia Mattatoio。 S.MariaからFS Manfredoniaまでが2.2キロで徒歩30分ということは、仮にManfredonia Mattatoioで降りたとしても歩く距離はそれ以下ということになるのでは。
    goo.gl/maps/bl3SY

    バスの運転手さんにどちらの停留所が近いか聞けば済むことのようにも。

  • Scibatini より:

    独り言。 あ、S.L.経由だから電車はありえないんだ、そうか。

  • Scibatini より:

    強敵です。 S.LeonardoのMatteo、S.M.近くのHotel Gabbiano、SITAと絨毯爆撃していますが、no res as of today。 

    ところで、S.Leonardoはどこで降りればよいのかは把握されているのですか?

  • Scibatini より:

    S.Leonaldoの真横にSITAのバス停。
    goo.gl/maps/E4Tc9

    ***
    goo.gl/maps/qCyWl
    地図上S.Mariaは道路の北にあるが、上の地図でビュウーおじさんを掴んで南側の白い建物と道路の間を彷徨うと、S.Mariaの写真が。 実際は、道路の南側にある様子。 次は、同じ部分のストリート・ビュー。
    goo.gl/maps/5NO6H
    画面右端がバス停と思いたいが、SITAの文字確認できず。 モニュメントの説明看板の様子。

    S.Mariaから北上すると次のPoliziaの建物があり、
    goo.gl/maps/fkP9J

    さらにもう少し行くとSITAのバス停が。 これがManfredonia Mattatoioであると思われる理由は後述。
    goo.gl/maps/009FK

    そこからS.Mariaまで戻ること750m。
    goo.gl/maps/P24yZ

    ***
    先ほどのバス停から北上すると終点ManfredoniaのBar della Stazioneがあるので、時刻表からして前述のバス停がManfredonia Mattatoioかと。
    goo.gl/maps/1PHgj

    ジジィのイジィで。

  • Scibatini より:

    バスと駅舎。
    goo.gl/maps/cfHwv
    goo.gl/maps/tMnjc

  • Scibatini より:

    最後の宿題。 SITAからレスありませんが、途中下車に関しては乗車券を買うときに聞いて見てはいかがですか? 英語が通じる人だったらラッキーですし、降りたいバス停の名前を二つ、三つと言えば言わんとすることが通じると思ったら楽天的ですか?

    Forza! (頑張って!)

  • yooque より:

    Scibatiniさん!またしてもこんなに調べていただいてありがとうございます!!
    やっぱり重箱の角をつつきすぎた質問だったかも…と数日こちらをチェックしていませんでした。いつも失礼してしまってすみません。

    最初SITAの時刻表を見ていたのですが、マンフレドニア駅発着便の情報でBivio Cerignola – S. Leonardoというバス停を見つけ(SITAの時刻表には記載がない)、
    prm.rfi.it/qo_prm/QO_Arrivi_SiPMR.aspx?I…
    違う路線なのかと思っていたのですが、同じもののことなんですね。
    マンフレドニアのインフォメーションにサン・レオナルドは上記バス停が最寄かと問い合わせたのですが、(聞き方が悪かったのか)「はぁ?」な返信が来ました。
    Manfredonia Mattatoioはどこかとも尋ねたのですが、こちらは「フォッジアとマンフレドニアの間のバスが通るところ」という返事…。サンタ・マリア・ディ・シポントは町から3キロで近いから歩けと(まぁ、往復6キロ歩くのは覚悟していたのですが)。
    きっとあちらの方にとってはバスで行こうというほうが「はぁ?」なんでしょうね。

    なので、バス停を見つけてくださったなんて本当に感激です(涙)。自分でもグーグル・アースでグリグリしたつもりだったのですが、気がつきませんでした。
    サン・レオナルドは周囲がすごそうで、バス停名にBivio Cerignolaとついているのがそこはかとなく不安を誘い、バス停が遠かった場合歩くのが不安でしたので、これなら行けそう!という気分になりました。
    バスのルートが、SS89を通るのかViale Giuseppe di Vittorioを通るのかもいまひとつはっきりしなかったのですが、調べてくださった感じだと後者のようですね。

    どちらの教会も写真で見る限りとても素敵で、ぜひ行ってみたいと思っていたので、実現しそうでとてもうれしいです。
    本当にありがとうございました。

  • Scibatini より:

    隠居の身の暇つぶしで回答を始めましたが、この人の旅力では聞くだけ聞いてたぶん行かないか行けないだろうな、と思うことがあります。 ひところ、「話を聞かない男、地図が読めない女」という本が話題になったことがあるのですが、地図リンクを貼ってもピンと来ていないであろうことを感じることもあります。 リンクを貼っても明らかに読んでいない、あるいは読めないことが判る質問をしてくる人もいます。 

    今回それをやらかしたのは、実に自分でした。 
    www.arem.puglia.it/pdf/servizi/treni/tre…
    にBivio Cerignola – S. Leonardoと書かれているのに、どこで降りればいいか判っているのか?とか聞いています。 一番読んでないのオマエじゃん、と苦笑しています。 地図ではSS89から奥に入ったところにある図になっていますが、ストリート・ビューではバス停のすぐ脇にある様子。 楽勝ですね。 話していないとスキルが低下するので、S.LeonarudoのMatteoによほど電話しようかとも思いましたが、その前に解決してしまいました。 残念。

    ***
    S.Maria付近のバス停探しに意地になったのは理由があります。 ノウ・ハウの限りをつくしての絨毯爆撃メールにまったく返答がなかったこと。 そして、某サイトに2008年同じハンドル・ネームで流暢な英語でコメ残されている方がいて勝手に同一人物と思い、労力費やしてもムダにされないかなと思ったからです。 ま、そうではなくとも旅力を感じられてはいたので、最後の手段、ストリート・ビュー探しをやる気ではいたのですが。

    ま、そのような訳で1乗車券途中下車可否のご質問にたいしてもjust info程度に抑えておきたいのであろうと思い、手取り足取りの書き込みをしませんでした。

    ***
    神曲を理由にS.Leoを選んだyooqueさん。 S.Leonaldo、S.M.についても心惹かれたわけを教えていただければ幸いです。

    ***
    S.Leonaldoが面しているのがSS89、S.M.はViale Giuseppe di Vittorio。 そのjunctionになっているIC付近Bivio Siponto(シポント分岐路)があるのだろうと推測しますが、バス停見つけられませんでした。

  • Scibatini より:

    旅の上級技。 運転手さんに頼んでS.M.の脇で降ろしてもらっちゃえ! ダメでもともと、できればラッキ。

    S.Leonardo脇にバス停あって、なぜ、S.M.脇にはないのでしょう。 素朴な疑問です。 それにしても、S.LeoといいManfredoniaといい共同運行のバスには悩まされましたね。

    boun viaggio!

  • yooque より:

    Scibatiniさん、こんにちは。
    「同じハンドル・ネームで流暢な英語でコメ残されている方」とは「yooque」のことでしょうか?
    残念ながらそれは私ではありません、英語もほとんどムリな人間なので(笑)。

    S.Leonardoは最近までごく限られた時間にしか公開していなかったようなのですが、教会のサイトとマンフレドニアのiによると広く公開するようになったみたいなので、トライしてみようと思いました。
    とは言え、行ってみたら開いてなかった、であんな場所に2時間ポチーンだと遭難した気分になりそうなので、教会にメールしてみたのですが案の定返信はありません(お返事が来たサンタンティモがうらやましいです)。
    バスから目視で確認のうえ下車しようと思います。←バス停がすぐ脇なのを見つけてくださったからこその強気です。
    ちなみに、S.Leonardoにバス停がある理由かどうかはわかりませんが、マンフレドニアのiからのメールには「there lived a religious communnities.」とありました。S.M.di Sipontoのほうは…人は住んでなさそうです。

    S.M.di Sipontoの前で降ろしてと頼み込む、という手は実は一番に考えました。 こんな時には、ああ若くて美人でイタリア語が出来たらなぁ、と思います。実際にはすべて当てはまらないので(残念!)、正当な方法を探しておくほうが順当だろうと判断しました。
    切符のほうは、最悪フォッジア―マンフレドニアを2枚用意するということで解決、にすることにしました。

    S.Leonardo、S.M.di Sipontoに行きたい理由は、お恥ずかしながら特にはないんですよ(汗)。モンテ・サンタンジェロに行こうと、ついでに周辺の地域も調べていて写真を見て素敵だな、というだけで。
    S.Leonardoは扉口の装飾が有名みたいですが、身廊の天井には夏至の日に太陽光線が通る穴が開いているそうです。残念ながら時期が合わないので見られませんが。

    サンレオの件、Scibatiniさんに尋ねられ赤面してしまったので(私も読んでません)探してみましたら、煉獄篇第4歌に「サンレーオの難所を越えたり、ノーリの絶壁をくだったり、ビズマントヴァの山を這い登って…」とありました。こうなるとノーリ、ビズマントヴァも気になるところです。

  • Scibatini より:

    行ってみようかなぁ、、、それでいいと思いますし私はそうです。 「薔薇の名前」の舞台となった修道院に熱狂している知人の勧めでぶ厚い2冊組みの本を買いましたが、うっかりDVDを先に観てしまって本棚で埃かぶってます。

    ***
    マレーシアの露天市場でのこと。 日本人2人組みのお嬢さんが何やら話しています。 おいしそうな果物の前で、今ここで買って日本で食べても大丈夫かという相談です。 じゃあ私、聞いてみる。 で、tomorrow eat OK?、と。 えっ?と思いました。 英語圏の人ならば、明日食べろよ、いいな!、と聞こえたかもしれません。 そうしたら露天商のオバさんが、can can、と返事。 ぶったまげました。 会話成立です。 笑

    前置き長かったですが、旅のなんとかする力って語学力関係無いんだと思い知らされた出来事でした。 

    先の各停留所名が表示されている時刻表を印刷。 Foggiaで乗車券を買うときに、ここ、ここ、そしてここに行きたい旨時刻表上差し示し、one ticket OK? 位で通じるのではないかというのが、前の回答ではしょった部分です。 あくまでも、先のお嬢さんだったらこれで乗り切ってしまうのではないかという想像に過ぎないので保証の限りではありませんが。 

    あなたの旅に主の祝福がありますように。 アーメン

  • Scibatini より:

    余談。 航空写真で観るS.Leonardoの北東500m、および、南西1kmのところにある白いエリア。 何なのでしょう? 拡大しても正体はかりかねそそります。
    goo.gl/maps/B29sQ

  • yooque より:

    Scibatiniさん、いつもありがとうございます。
    おっしゃる「旅力」がないからこそ何でも事前に調べたくなる性分…ノミの心臓で、いつも出発する前はドキドキなのですが、それが快感だったりもします。
    余談…見つけてくださったバス停http://goo.gl/maps/009FKのそばに小さなターミナル的な場所がありました。
    白いエリア、カッラーラみたいな(行ったことはないのであくまでイメージですが)採石場かなと勝手に思っていました。こんな平地では違うでしょうか?荒涼とした感じで、この場所でポチーンだったらどうしようと恐れたのは主にこれが理由でした。

  • yooque より:

    すみません。
    「そばに小さなバス・ターミナルがありました」です。

  • Scibatini より:

    え? TABACCHIのT看板ではなくてバス・ターミナルですか? バス停のどっち方向へどれくらいの位置にありました? 見落としていたとしたら悔しいです。

    ***
    ところで、旅力無い人とは旅力無い人のことを言います。 自力で時刻表検索してメールで問い合わせができたら、もうA級ではないですか。

  • yooque より:

    バスターミナルというより「fermata」の看板だけより少し立派なバス停でした。
    よく見たら停まっているバスがオレンジ色なので、市内バスの停留所かもしれません。
    goo.gl/maps/lqCis
    SITA社のバス停としてはやはり見つけてくださったほうだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Powered by WordPress. Design: Supermodne.