役立つ観光情報満載! アーモイタリア旅行ガイド

5月29日 24時間ストライキについて

質問No.2041 : mimin より

はじめまして。
5/19から母と初のイタリア旅行にいくので、こちらで色々と勉強させていただいています。

運輸省のストライキ情報を確認したところ、5月29日が24時間ストライキ実施予定となっており少し動揺しております。
ちなみに復路便5月29日 マルペンサ空港(11:15)発 ローマ経由で関空に帰着予定(アリタリアーイタリア航空)です。
私自身がストライキにあったことがない未熟者のため、どのように対処すべきかご教授いただけますでしょうか。
よろしくお願い致します。

7 Responses to “5月29日 24時間ストライキについて”

  • Scibatini より:

    別途このサイトに情報がアップされるかもしれませんがそれはそれで参考にすることにして、事の重大性に鑑みて、情報提供責任の所在が明確である航空券を手配した会社とアリタリアにご自身で問い合わせるべき案件かと思われます。 また、その方が安心ではないでしょうか。

    ***
    補足
    www.mit.gov.it/mit/site.php?p=scioperi
    を見ました。 ストを実施するSEAとSEA Handlingは、空港公団と言う人もいますが、マルペンサとリナーテの空港運営会社および空港物流会社です。
    milan.arounder.com/it/trasporti/sea-aero…
    過去、空港公団のストにより国際線のフライトがキャンセルになったという話を聞いたことがありません。 一方、空港公団のストがあると国内線であれ国際線であれチェックイン・カウンターやセキュリティー・チェックがものすごく混雑し1時間以上費やしたという話はよく聞く話です。  そうでなくとも時としてものすごく混雑することがあります。

    私でしたら安心がほしいので、発券会社にリナーテ発を含めて1、2本前のフライトの方がいいか相談し、ミラノのホテルのフロントにスト情報を提供してもらえるようチェックイン時に頼むところです。 ときとしてストは回避されることもあるようです。

  • mimin より:

    Scibatiniさん

    アドバイスありがとうございます。
    航空券の発券会社に問い合わせたところ、現時点では欠航等の情報は入っていないとのことでした。情報が入り次第連絡しますとのことでしたが、やや不安です…。
    航空会社からの返信がまだなので、今週は連絡がくるのを待つのみとなりそうです。

    補足情報リンクまではっていただき、ありがとうございます。
    SEAとは空港公団のことなのですね。
    過去のストのお話を聞いただけでも、相当時間に余裕をもって空港に向かう方がよさそうですね。
    私も安心がほしいので、ミラノのホテルにはスト情報を提供してもらうよう依頼します。
    また結果報告させていただきます。

  • Scibatini より:

    アリタリアのメールのレスはよくありません。 航空券予約窓口かクラブ・ミッレミリア・デスクに電話して音声で情報もらった方が早いです。 旅程を検討しているふりして聞くのも方便のうちかと。 適当に日・時を改めて2、3回聞くのがコツです。

    本件に限らず、事イタリアに関しては欲する正確な情報を一発で得られることは無いに等しいと心得ていて丁度くらいです。 ストのように流動的要素が多いとなおさらです。 

    不安を煽りたてるようなことばかり書いて申し訳ありませんでしたが、マルペンサでのチェックイン、セキュリティー・チェックさえ過ぎてしまえば流れに乗ったようなもので、よほどのことが無い限りフィウミチーノでのトランジットをミスることはありません。 

    buon viaggio! 楽しいご旅行を!

  • mimin より:

    Scibatiniさん

    そうなですか!危うくうのみにするところでした(汗)
    アリタリアには何度か日にちをわけて問い合わせします。

    アドバイスのおかげで心構えができましたので、むしろ俄然やる気がでたところです。
    マルペンサのチェックイン、セキュリティー・チェックを通れれば問題なさそうですね。
    イタリア旅行を楽しめるように頑張ります!

  • mimin より:

    無事に帰国しました。
    ストライキの状況を含め、渡航前から帰国までの体験談を書かせていただきます。
    長文になりますが、一つの参考になればと思います。

    [渡航前の情報収集]
    ・アリタリアのクラブ・ミッレミリア・デスクに電話
    数日にわけて連絡しました。Scibitaniさんのおっしゃる通り、なかなかいい情報がすぐに得られませんでした。スト当日にならないとわからないため、運休の場合は現地空港カウンターで対処するという返答でした。

    ・航空券を手配した会社に連絡
    私が手配していた航空券がPEXであったため、渡航前の時点では復路便変更に費用がかかる(航空券を手配した額と同じでした…)ので、渡航前の復路便変更は断念しました。
    ただし、ストライキや航空会社の事情でフライトが運休になった場合は、すぐに代案手配しますと、とりあえず保険が得られたので、緊急連絡先を伝えて事前情報収集終了。

    渡航中は毎日道に迷いながらも、ローマ、ヴェネチア、フィレンツェ、ミラノとイタリア旅行を楽しみました☆

    帰国2日前(5/27)ミラノに到着。
    ホテルのフロントマンに復路便がストライキ実施予定日のため、情報提供してもらうようにお願いしてから観光にでかける。
    半日観光楽しんだ後、ホテルに戻ると航空券を手配した旅行会社から連絡が…。
    搭乗予定の復路便はストの影響で運休になったとの連絡でした。すぐに代案の早朝便へ振り替えてもらい、とりあえずフライトは確保できました。

    復路便 5/29 6:55マルペンサ発→8:15フィウミチーノ着、
    5/29 14:55フィウミチーノ発→5/30 10:00関空着

    あとはマルペンサ空港で無事にチェックイン、セキュリティーチェックを通るのみ。

    マルペンサ空港のストライキ状況がどんな感じなのか想像がつかなかったので、フライトの4時間前にマルペンサ空港に到着。
    ドキドキしながら空港の中に入ってビックリ。
    全チェックインカウンターが無人、ソファーにはカウンターが開くのを待つ旅行者がちらほら(寝てる人がほとんど)。
    お店は1件のカフェのみオープン(店員さんも一人だけ)という状態でした。
    フライト待ちの人とお話しながらカウンターが開くのを待ちました。
    カウンターが空いたのはは4時すぎでした。
    その後は順調にチェックイン、セキュリティーチェックを通りぬけることができ、無事にフィウミチーノ空港に着きました。

    乗り継ぎ時間がたっぷりあったので免税店を一通り見終えてから免税手続きをしようと思い、インフォメーションで税関の場所を確認しにいくと、「税関は現在ストライキ中です」と予期せぬ返事が…。
    よくよく聞いてみると、「午前中ストライキの予定だからおそらく大丈夫だと思います。」と言われひと安心。
    セキュリティーチェック後、税関のあるHゲート方面に8分程歩くと、少し人だかりがある場所を発見。
    税関には貼り紙があり、8:30~12:00までストライキと書かれていました。
    まだ11時だったので、税関前のベンチに座って5分くらいたったくらいでしょうか、とある国の団体ご一行の方が遠くから走ってくるのが見え、嫌な予感がしたのですぐ税関の列に並びました。
    案の定予感的中。大量の免税書類を手に列に並んできました。
    スト予定時間よりも早い、11:15くらいにカウンターが開きました。20番目くらいだったのですが、スタンプがもらえるまで50分くらいかかりました。

    色々ありましたが、これも旅行のいい思い出かなと思います。

    以上体験談です。長々と失礼しました。

  • Scibatini より:

    miminさん、お帰りなさい。 無事帰国されたようで何よりです。 

    午前3時にマルペンサ、フィウミチーノでの予期せぬ税関ストと最後が大変でしたね。 ドメスティックがディレイではなくキャンセルになったという情報は今後の参考にさせていただきます。

    レポートどうもありがとうございます。 お疲れ様でした。

  • mimin より:

    作成途中で送信してしまいました。すいませんはドタバタでしたが、できないかもと思っていた免税手続きができたので結果オーライです。

    今回のストではマルペンサ発の国内便が結構運休になっていました。
    一度経験すると次回の対処は助かりますね。
    この掲示板のおかげでうまく情報収集ができました。
    ありがとうございました。

この質問への回答は締め切りました