役立つ観光情報満載! アーモイタリア旅行ガイド

『Calli,Campielli e Canali』という本②

質問No.2077 : corocoro より

以前ヴェネツィアの詳細地図『Calli,Campielli e Canali』について、
入手方法を相談させて頂いたものです。
その後、いろいろ調べたところ、”版元品切れ”になっている模様…。
書店に残っている在庫を1件1件調べてもらうしか無いですね…。
と、ちょっと覚悟を決めたところで発見っ。
”libreriauniversitaria.it”というサイトで扱っているようなのですが、
どなたかコチラのサイトを利用された事のある方はいらっしゃいますか。
こう、どこを探しても無いものがしれっと載っていると、
大丈夫かなあと心配になってしまいました。
scibatiniさん、堂さん、本当にいつもありがとうございます。

7 Responses to “『Calli,Campielli e Canali』という本②”

  • Scibatini より:

    んっ? そのサイト、ご自身で質問No.2001に探しているのはこんな本ですとアップしていたサイトでは?

    使ったことは無いですが、カード会社と契約結んでいるようなのでサイトは信頼してもいいように思えます。 後は、在庫、日本へのシップ可否とそれが追跡可能な方法なのかを同社の次URLから聞いては如何でしょうか。
    www.libreriauniversitaria.it/aiuto_conta…

    老婆心ながら付け加えますと、OggettoはSubjectなので、Informazioni per fare ordineつまりHow to orderを選択し、Codice dell’ordineは注文番号なのでブランクです。

    そこを聞くところからアシスト必要ならば、またアップしてください。 おじいちゃん、今のところ暇ですから。

  • Scibatini より:

    私も使ってみたい通販書店なので、ちょっと聞いてみました。 Traceable shipping meanか否かは聞き忘れましたが、お返事そのまま紹介します。

    ***
    Dear Customer,
    we inform you taht the timing of finding normal for this product is 1/2 working days, which must be added the time of shipment choice. Our library delivers all over the world. You can pay by credit card Visa or Mastercard.

    Best Regards

    Barbara
    Servizio Clienti libreriauniversitaria.it
    Webster srl

  • Scibatini より:

    件の通販書店より再度返事が届きました。 めずらしいことです。 それはともかく、tracking numberをメールしてくれるので発送後の商品は追跡可能なようです。 IBSに発注したときもそうだったと記憶していますし、逆に日本から国際郵便物を発送したときも追跡できました。 後はat your own riskで。 Forza! (ガンバ!)

    ***
    Dear Customer,
    we confirm that the package is traceable and we will inform you when we we ship the article with the tracking number by mail.

    Barbara
    Servizio Clienti libreriauniversitaria.it
    Webster srl

  • corocoro より:

    毎回毎回、何ともご丁寧にありがとうございますScibatini さん!!!。
    感謝•感激しております。
    こんなに問い合わせて頂いて…、この感謝、どうお伝えしたら良いでしょう…。
    このサイトでチャレンジしてみます!。また、レポートしますね。
    Scibatini さんのコメント、他の方へのものも、いつも楽しく拝見させて頂いております。
    どんなダンディーな、イタリア通のおじさまなのかと想像たくましくしております。
    ちなみにScibatini さん、←どう発音するのが正解なのでしょう…。チバティーニさん?、シバティーニさん?。すいません、1ファンの拙い質問ですっ。
    (Scibatini さんのイタリアで感動したエピソードや情景など伺えたらうれしいです。)

  • kyoko より:

    久々にこちらのサイトを拝見しましたら、
    今年2月のベネチア訪問の際に購入した地図の質問がありましたので、
    1回目の質問も読ませていただき、コメントします。 ご参考までに。

    一生懸命おさがしの所、水を差すようですが、
    この地図はcorocoroさんの使用目的には適さない作りかもしれません。
    区分がとても細かく、本島のみでも60区分くらいに分割されていて、
    見開き2ページで2区分、
    ページが変わると、他のページとのつながりが殆どわかりません。

    細かい分、通りの名前や番地はとても詳しく掲載されており、
    在住者が場所をさがすのには便利だと思います。

    私は偶然通りかかったサンタマルゲリータ広場の本屋で
    数冊山積みされたこの地図(というより本)を購入しましたが、
    理由は、地図としての使用目的ではなく、
    イラスト的なかわいらしさと、
    ベネチア好きとして、その内容に魅力を感じたからです。

    目的となさっていた地図としての詳しさわかりやすさは、
    駅やお土産店で売っている地図のほうが数段使いやすかったですし、
    殆どの通りは記載されていましたよ。

    でも、もし購入サイトから入手できるようでしたら、
    ベネチア好きのかたには楽しめる内容だと思いますよ。

  • Scibatini より:

    残念ながらお腹だけがミシュラン君のようなおじいちゃんです。 想像の世界で素敵なオジ様にしておいてください。笑  山岳スキー・ガイドがShibatiniと呼んでくれるのをそのままハンドル・ネームにしましたが、shiは伊語に無いのでsciにリネームしました。 Sci(シー)は伊語でスキーのことでもあるからです。

    北部のスキー・ガイドは伊仏、伊独どちらかのバイ・リンガルで、英は緊急時に使いものにならず命に関わることなので定年後に伊語学校に通いました。 

    雪が降るまでは暇なのでこのサイトで時間つぶしをしています。 堂さんには、迷惑なご隠居さんと思われているかもしれません、、、 このサイトからの引退を考えています。 ちょっとやりすぎかなと思ったからです。

  • corocoro より:

    kyokoさま
    コメント、ありがとうございます。
    はい、マニアックな程詳細のものが欲しかったもので、大丈夫です。
    しかし、やはりヴェネツィアの書店には有るのですね…。
    手に出来る日を楽しみにしています。
    Scibatiniさま
    えーっっっ、イ•インタイなんて…。
    ショックです。そんな事おっしゃらないでください。
    (私が1ファンだとかコメントしてしまったからでしょうか…。責任を感じてしまいます。)
    イタリア事情や情報等、いつも親身で丁寧で、且つ何とも心地よいその滑舌(と言いますか、切り口)、引退なんておっしゃらないでください。
    どうかこれからも、スキーさながら、縦横無尽に滑り(切り込んで)ください!。

この質問への回答は締め切りました