Desenzano Del Gardaの比較的若者向け情報です

ご存知の方はどんどん補足してください!ついでに申し上げると、私はまだ行ったことがありません!息子が今住んでいます。

ちょうどミラノとヴェネツィアの間にあり、ヴェローナのすぐ東にあるDesenzano Del Gardaは大きな湖の畔にある街です。
中心地は高速道路よりも北側の湖畔、ホテルもレストランもいろいろと沢山あります。
Sushikoという回転すしもあります。味も普通だったそうです。(とあるグルメとイタリアへ行っていた経験があるのである程度は信用できるかも)
また、ガルダランドという遊園地や、12階の高さからすべる凄いウォータースライダーのあるプールもあります。家族旅行に良いですね。
家族向けのリゾートホテルが多いようですが、少しリッチに雰囲気の良いホテルもあります。
湖から離れ、高速道路のLonatoインターをまたいだあたりに大きなショッピングセンターがあり、そこではインスタントラーメンや寿司のお惣菜も買えます。アップルストアもあるので不具合が生じた時など便利です。
確か友達がスケートリンクのオープン情報を知らせてきた事がありますので、スケートも楽しめそうです。
夏だけでなく、年中開いているレストランやクラブ(ディスコ?)も多く、もちろん日本食や中華も困りません。
ボーリング場にも行った、と言っていました。しかしながら日本よりレーンが短く、最初はガーターばかりだったそうです。
シルミオーネあたりにはもう少し大人のスポットもありますね。湖畔の素敵なレストランなど…。

とにかく、狭い範囲になんでも揃っている印象です。都会育ち(?)の息子が不自由なく住んでいます。ただ、車はあった方がいいみたいです。ま、それもお金をかけたくない若者の意見ですが…。
地理的にかなり良いのでここを拠点にヴェネツィア、ヴェローナ、ミラノ、モンツァを回りたいですね。
以上のように遺跡や歴史的建造物などに全く興味のない十代の息子の話を元に書きましたので、私が訪れた際には必ず大人情報の補足をさせていただきます!!!!!

7 Responses to “Desenzano Del Gardaの比較的若者向け情報です”

  • 時々イタリアへ行くイタリア初心者 より:

    早速間違えました!!!!
    ヴェローナのすぐ西です

  • Scibatini より:

    なるほど。 かつ、FALORNI取り扱い店のCLARIN もVIA GARIBALDI 33にある、と、こうなるワケですね。 ご子息がお住まいとは意外なつながりでした。 Desenzanoをリサーチして森木さんに会ってと、この12月の予定も埋まりつつあります。笑

  • 時々イタリアへ行くイタリア初心者 より:

    via Giuseppe Garibaldi 33 ではないかと推察します。
    この通りにも幾つかのお店やレストランがあるようにおもわれます。
    忙しくなりそうですね。

  • Scibatini より:

    そうなんですよ、通りの名前。 最近はそんなもんだと慣れましたが、よく端折るようです。 一番最初に端折られて面食らったのがナポリ中央駅南のVia Galileo Ferrarisだったのですが、V.G.FerrarisからVia Ferrarisまで端折りますから。 環状八号線をカンパチって呼ぶのと同じ調子で地元の衆にはそれで通じるのだと思います。 それでも、ここではフル・ストリート・ネームで紹介するよう心掛けたいものです。 

    その他、各都市の目標物としてINPSというのがときどき登場するのですが、社会保険事務所のことらしいです。 

  • 時々イタリアへ行くイタリア初心者 より:

    社会保険事務!見落としてしまいそうです。看板の特徴などが統一されていると助かりますが。

    イタリアのみならず、ヨーロッパ諸国で案内通り住所を打ち込んでもナビが示さないことが多過ぎます!結局グーグルマップと照らし合わさなければならないので、出発前や現地ホテルで時間を使ってナビのセットをしています。そして、ナビと一方通行が逆向きでも柔軟に対応できるよう時間の余裕も必要ですね。

  • Scibatini より:

    おっしゃるとおりです。 同じ名前の通りで上りと下りと2本ある場合や、分岐・合流する場合も経験しています。 その他、工事中、市が立つ、歩行者天国などで予定のコースを通れないことにもよく出くわすのですが、これまではカンピューターで切り抜けてきました。 その度、後から思いつくのがGarmin nuviの初期画面にある迂回路を選択したらどの程度役立つかということです。

    GoogleMapから直接カーナビにウェイポイントをダウンロードする方法は、ナビの道路情報にディペンドしないところが助かります。 ルーティングもGMapから転送できるらしいのですがやったことありません。 いずれにせよ、nuvi本体での設定はちょっとフラストするところもあるので最近はPCから転送するパターンが多いです。

    ややマニアックですが、こんなのアップしています。 あまり参考にならないかもしれませんが、、、
    note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n1870…

  • 時々イタリアへ行くイタリア初心者 より:

    >>GoogleMapから直接カーナビにウェイポイントをダウンロードする方法は、ナビの道路情報にディペンドしないところが助かります。

    そうなんですね!最初から無理だと思っていたので試してもいませんでした。
    頑張って読んではみましたが、50%位までで宇宙語になりました(笑)
    私の場合は、最初に目的地に行く時が重要で、そこから一週間くらい同じ場所に居続けるのでそのうちに道を覚えてしまいます。地図をよく見て位置関係を把握すれば、多少のズレも勘で修正できますしね。あとは例の息子が人間GPSみたいに現在地を当てるので、嫌味を言われながらハンドルを握っています(笑)
    一方通行が逆だったので迂回路を選択した際、結局、間違った一方通行の前提が消えないままの案内でしたので、やむなく逆走しました。確かに他の方法では超大回りになるので、コンピュータから言わせればあり得ない選択になる、ということだったのでしょうか? 真夜中だったのが幸いでした。
    慣れれば田舎なら大丈夫ですが、都会の運転は緊張します。突然横断するおじいちゃん、バス通路、複雑な信号機、分かりにくい立体交差など胃が痛いです。
    Lonatoを拠点にあちこちへ出かける際は、また時間をかけてnuviにセットします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Powered by WordPress. Design: Supermodne.