FirenzeのWiFiホットスポット、Taxi乗り場、ZTLの探し方

FirenzeのWiFiホットスポット、タクシー乗り場などを探すのに便利そうなサイトがありましたので紹介させていただきたく思います。 伊語だけのサイトなので適宜自動翻訳を利用してください。

***
例えば、Wifiホットスポットは次のように探します。

1.次を開く。
togo.055055.it/
2.画面左のリストでWifiをハイライトし、他にハイライトされているものを消し、リストうえのAggiornaを選択。
3.Wifiのマーカーを選択して表われる吹き出しを選択すると住所が表示される。

リストからTAXIを選択すると同様のことができ、利用時間帯も表示されます。

***
ZTLのイメージは次のように掴むとよろしいかと思われます。 
1.次を開く。
togo.055055.it/
2.画面左のリストでZone Pedonali(歩行者専用ゾーン)をハイライトし、他にハイライトされているものを消し、リストうえのAggiornaを選択。
3.歩行者専用マーカー、もしくは、赤いエリアを選択して表われる吹き出しを選択。 
すると、概ね6:00-9:00、18:00-19:30は(恐らくは自動ゲートが開かれて)通行可能になって15分間だけ駐車できるものの、場所によっては居住者しか通行できないエリアもあることがご理解いただけると思います。 veicoli a noleggio con conducente I residentiをどう解釈するかですが、ここでは居住者が運転するレンタカーと理解しておくのが無難なように思われます。 詳細についてはホテルかレンタカー会社に確認していただきたいです。
4.ZTL diurna(日中ZTL)をハイライトしてAggiorna。
すると、ZTLが水色で表示されます。 前項の歩行者専用ゾーンは、青線で囲まれるゾーンAに含まれるようです。 ゾーンA、Bの吹き出しより詳細を確認します。
5.Varchi ZTLをハイライトしてAggiorna。
ZTL監視カメラの設置位置と思われます。
6.ZCSをハイライトしてAggiorna。
すると、ZTLを囲むようにして緑色のゾーンが表われます。 イタリアでは路上駐車できるところが白線(居住者用)、黄線(業務用・緊急車両用だったはず)、青線(一般車用)で表示されてあり、ZCS(Zone a controllo di sosta管理駐車ゾーン)に青線があります。 青地に白抜きPの看板があり、時間当たりの駐車料金などが表示されています。 駐車券の自販機が設置されていますから、希望の駐車時間分購入してダッシュボードの上に置いておきます。 駐車券は最寄のバール、タバッキ、キオスコなどで売られていることもあるそうです。 駐車券に表示されている時間までに戻ってこないと、ワイパーに駐車違反切符が挟まれているのを拝むことになる可能性があります。 Firenzeではどうか確認していませんが、一部の都市ではタバッキで反則金の納付ができるそうです。 駐車券は余裕を持って購入しておくことに越したことはないのですが、不幸にして駐車違反を取られたらレンタカー会社かホテルに相談して帰国前に処理しておくことをお勧めします。 これを怠って帰国後にレンタカー会社経由で交通違反報告書が転送されると、時間的にも金銭的にも大変です。
7.その他の交通標識は概ね日本と同じですから説明を省略しますが、Senso unico alternatoは、片側交互通行です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Powered by WordPress. Design: Supermodne.