役立つ観光情報満載! アーモイタリア旅行ガイド

A.C. Milan チケット 「Viagogo」での購入結果

質問No.4667 : acmilanq より

A.C.Milan 公式HPからチケットの予約 (2014-2015)

A.C.Milan 公式HPからチケットの予約 (2014-2015)

上記質問の続きです。
なにかボタンを押してしまったのか返信を締め切ってしまったみたいで、
書き込めなくなったので、新たに作成しました。

内容はタイトルの通りです。

試合日の約3週間前に「Viagogo」でミラン vs ユヴェントス(サンシーロ)のチケットを購入しました。
Viagogo は追跡可能な(UPSでの)配送を義務付けていますが、
購入後、ずっと「チケット入手待ち」のステータスでかなりやきもきしました。

▼ 結果
・3日前に発送(ステータスが変わった)
・2日前にホテルに届きました

▼ 配送前に行ったこと
・ホテルにチケット受取のメールでの問い合わせ
・念のため、DELEGATION NOTICE(受取移譲の書類)を FAX

▼ 配送内容
・チケット(別の人の名前が印刷)+名義変更書類
 ⇒ 引換の必要はなく、そのままゲートで上記+パスポートで入場可

▼ 所感
・価格は公式の3倍程度。(日本代理店よりは安い?)
・受取が肝。(受取にはサインが必要なのでホテルで受取拒否トラブルが一番多そうかと)
・個人的には公式サイトで帰るなら公式買うのが簡単、安心かと思います。

以上、少しでも参考になれば幸いです。

最後に、
助言いただいた皆様に心よりお礼申し上げます。

3 Responses to “A.C. Milan チケット 「Viagogo」での購入結果”

  • Scibatini より:

    acmilanqさん、レポートありがとうございます。 どうなったかとずっと案じていました。

    有価証券であるチケット受取り後に紛失などのトラブルになるのを嫌うホテルもあるのでホテルに代理受取り依頼をして承諾を得ておくこと、本人手渡しが原則であろうUPSやFeDexなどに対してホテルを代理人として受領権限を委譲するDelegation Noticeを送っておくというこの2点は、チケット受取りを確実にするために必要だと思いました。

    長いこと疑問だったチケットの名義変更の方法も、裏書きではなく書類対応だと教えていただけたことも収穫でした。 (どのような文言の書類だったのかちょっと興味あります。)

    公式サイトで買えればそれに越したことはありませんが、いざとなればViagogoでの調達・入場も可能であることを示した恐らくは日本初のレポートになったのではないかと思います。 改めてお礼申し上げます。

  • acmilanq より:

    Scibatini 様の助言がなかったらチケットを受け取れていたかもわからないので大変感謝しております。
    日本初とは大変面映ゆいですが、、、

    書類の文面については下記に記述します(タイプミスはご勘弁を)

    —————————————-

    A.C.Milan

    CAMBIO NOMINATIVO

    Gara Milan – Juventus del 20-09-2014 ore 20:45

    Tipo posto: —————-
    Settore: ### Fila: ## Posto: #
    Ingresso:##

    Il biglietto con sigillo fiscale ######## intestato a 譲渡元姓名

    e stato trasferito a:
    Cognome: 譲渡先(姓)
    Nome: 譲渡先(名)

    La presente ricevuta certifica I’avvenuta cessione
    del biglietto come indicato e DEVE ACCOMPAGNARE
    IL BIGLETTO EMESSO COL NOMINATIVO ORIGINARIO.

    2014-09-16 00:00:00 / ##########

    Milan Entertainment S.r.l.
    La Biglietteria

    —————————————-

    ロゴ等も印刷されていましたが、文面はこんな感じです。

  • Scibatini より:

    acmilanqさん、お疲れのところどうもありがとうございます。

    ミラン・エンターテイメントのチケットオフィス発行の譲渡証明書で、これとオリジナルのチケットと合わせて有効になると書かれているようです。 

    譲渡元はViagogoから通知された譲渡先情報を元に名義変更手続きを行って譲渡証明書を得てチケットと共に発送し、クラブはパスポート、オリジナル・チケット、譲渡証明書をチェックするというのが行間を読み過ぎてしまったViagogoからの返事の真意だと判りました。 すっきりしました。

    検索やシミュレーションにはどうしても限界があります。 実際にはどうだったのかというレポートをいただいて安堵していますし、これをご覧になっている他の方にも信頼できる情報を提供していただけたと思います。 本当にありがとうございました。

この質問への回答は締め切りました