北アフリカの難民について

最近、日本の新聞等で、イタリア南部の島々にリビアなど政情不安定の北アフリカ諸国から難民が押し寄せているとの報道をよく見るようになりました。もはや、イタリア一国では対処し難いのでEUの近隣諸国に受け入れ協力を求めてもフランスやドイツは協力を拒んでいるとのこと。そこで、イタリアの現状について、在住の方より治安の悪化等含めて教えて下さい。また、イタリア国内(南北間)においてもこの問題の温度差があるのでしょうか?例えば、ローマ以南は大変でも、ミラノやトリノやジェノバでは何ら変化がないとか。難民は気の毒ですが、その中にはどさくさに紛れて入る悪い輩もいるらしいので。

2 Responses to “北アフリカの難民について”

  • Tsuyoshi Doh より:

    イタリア在住者です。
    難民の人の流入で、国内の治安の悪化などはありません。観光にも全く影響はないです。

  • イタリア大好き より:

    ご返事ありがとうございました。
    今年の夏もイタリアへ出かけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Powered by WordPress. Design: Supermodne.