役立つ観光情報満載! アーモイタリア旅行ガイド

北と南

質問No.645 : えり より

はじめまして!わたしはミラノ、ボローニャ、トリノのどこかで留学を考えております。北イタリアの人は冷たくてあまりフレンドリーでない、イタリアでは年々人種差別が酷くなっている、などときどき聞くのですが、滞在中に嫌な思いをすることは多いですか?

2 Responses to “北と南”

  • 堂 剛 より:

    一時期、景気が目に見えて落ち込んできていた頃は「外国人労働者のせいで仕事が奪われた」という考えから外国人への風当たりがとても強かったですが、今は不景気過ぎて、その考え方もだいぶ落ち着いたように感じます。

    「嫌な思い」があるかないかは、まぁ、ある程度留学するなら1度や2度は皆さん経験すると思います。でもそれが外国に住むということなので、自分の視野を広げる、他国の文化・生活を学ぶ、移民問題や貧困について考えるなど、自分の成長のために前向きに捕らえることが良いでしょう。凹んでも何も生み出さないので。

    日本人はアジア人として差別されることは多いですが、イタリア人は基本的に親日なので、日本人として差別されることは少ないです。えりさんは女性のようなので、そこまでひどい攻撃は受けないと思います。僕も昔、差別的な言葉に立て続けにもらって、一時的に外出できなかった頃がありました。最終的にはその人の意見、自分の考えを整理して、自分なりに納得するしかないかなと思います。

    北イタリアに住んだことないので良く分かりませんが、8年イタリアに住んで、どの町もそれほど大差ないかな、というのが僕の感想です。どこでも良い奴もいれば、嫌な奴もいます。なにごともポジティブに、物事に動じない心を養うのが一番な気がします。

  • えり より:

    ご回答ありがとうございます。
    ツヨシさんのブログを楽しく拝見させていただいてます。

    差別はどこにでも存在すると思いますし
    やはり自分が強く前向きにいるしかないすね!

    ツヨシさんや在伊日本人の方々は 強い心をもっているんだなぁ、
    っと思います。
    嫌なとこだけじゃなく いいところもたくさんあると思うので
    留学したら頑張っていきます。

この質問への回答は締め切りました