クレジット・カードでの高額決済にご用心

レンタカーをネット予約してカード決済したところ、決済不能の通知が届きました。

カード会社に問い合わせたところ、日本国外で決済される場合の上限は日本の限度額よりもセキュリティー上の理由で低く抑えられているとの回答を得ました。 

その限度額は教えることができないので、旅行期間中は海外用セキュリティーを外すようリクエストし、紛失・盗難の際はただちに使用停止の電話をして対処することになるとのことでした。 現地警察の盗難証明等は、ことカードのトラブルには何の役にも立たないそうです。

長期滞在する場合のホテルの決済や、高額商品購入の予定がある方などはご自身のカード会社に相談することをお勧めします。 

***
今回の一件では一時的にセキュリティー解除をしてもらって決済できましたが、これが現地でとなると最悪車が借りられない可能性もあったわけです。 

14 Responses to “クレジット・カードでの高額決済にご用心”

  • アコ より:

    どこのカードを使用されましたか?
    限度額はおいくらでしたか?
    今後の参考に教えて下さい。

  • Scibatini より:

    三井住友VISAです。

    幾らでロックが掛かったかというのがご質問の意味だと思われますが、約2000ユーロでロックされました。 但し、この金額が参考にはならないという説明を以下にします。

    ***
    同社のセキュリティー担当に電話でレクチャーを受けました。 

    セキュリティー・システム上の理由で幾らでロックが掛かるかは教えることができないそうです。 仮に一律2000でロックされると知られれば、悪意の第三者は1900で使いまくるからですか?と聞いたところ、そういうことではなく、過去のカード利用頻度、決済額、決済場所(海外とか店舗のことと思われる)など諸条件を元にシステムが総合的判断してロックするのであり、金額だけでロックが掛かるわけではないので教えることができないのだそうです。 私のロック条件とアコさんのロック条件は違うということです。

    よって、海外で高額決済の予定がある場合は、旅行期間中だけこのセキュリティーを外すようご依頼ください、とのことでした。 当然、その高額が幾らかは不明なので、海外で使うときは適宜セキュリティーを外せというメッセージなのでしょう。 

    ご利用のカード会社に確認すべき事象であり、本項あくまでご参考程度に。

    ***
    想像するにMilanoで決済された5分後にRomaで決済されようとしたら10ユーロでもロックが掛かるシステム・セキュリティーを外すのは、文字通りat your own risk でということなのでしょう。 ロックが外れたときに発生した悪用にどう対処するかもご興味あるところだと思いますが、それをここで書くことは無責任になことになりかねず、それこそ自己責任においてご自身で確認すべきことだと思います。 偉そうなことを書いていますが、私自信が勉強になったと思っています。 カードに対するリスク認識が甘かったです。

    カード使用停止の連絡先を押さえておくことだけが最低限必要なことと思っていましたが、海外旅行中はオンライン明細チェックもメール確認のついでにしようと思った次第です。

  • アコ より:

    Cibatini さんへ
    ありがとうございます。参考にさせていただきます。
    私も同じカード使用しています。
    日本ではサインで使用出来るのですが、ローマは暗証番号が必要ですよね?
    限度額が個々に違うことは知っていましたが、暗証番号が合っていれば限度額まで使用可能と思っていました。
    新幹線の車中でカード盗難にあって、即10万円回数券を買われてましたが、保険で引き落としされませんでした。JR 窓口がサインで使用出来た頃の話です。

  • Scibatini より:

    小額ですとサインなしで済むこともありますし、暗証番号だったりサインを求められたりケース・バイ・ケースなのは日本と同じで、経験した限りではRomaだからどうという断定はできないように思われます。

    2000でロックが掛かったのは今回が初めてで、セキュリティー・システムのロック条件が厳しくなっているのだろうと想像します。 

    先の日程だったので余裕を持って対処できましたが、これが長期滞在の宿泊費をチェックアウト時に決済できなかったら人によってはパニックに陥るでしょうから本件アップした次第です。 

    私だったら真っ青になるな。笑

  • 時々イタリアへ行くイタリア初心者 より:

    なります、私も。

    セキュリティが厳しく(強化)されているらしい、というのは納得できるのですが、ホテルによっては法人カードではなく個人カードを求められる事が多々ありますが、なぜなのでしょうか?仕事で行っているのに、面倒な手間が増えて嫌なんですよね。
    理由をご存知の方、教えて下さい。

  • Scibatini より:

    想像の域を出ませんが、法人カードが理由なのではなく上納金が高いと噂のAMEXの法人カードなのではないですか? コンシェルジュ・サービスとかセクレタリー・サービスとかが付帯するのが高値の理由だと推測します。

    サラリーマン時代のコーポレート・カードは一時期AMEXでしたが、常時海外出張組から使えねぇ~、と不評でいつしかVISAとMasterのコーポレート・カードになっていました。 少なくとも私の欧州出張経験では、それで拒否されたことがありません。

  • 時々イタリアへ行くイタリア初心者 より:

    なるほど、AMEXではありませんが、同等に手数料の高そうなカード会社のコーポレート・カードでした。
    確かにVISA・Masterしか使えない、というところも多いので各社用意しておりますが、コーポレートか否かではなく別の問題だったのですね。
    納得できます。
    今度、何かのついでにカード会社に聞いてみます。
    ありがとうございました。

  • なおりん より:

    以前に、こちらの掲示板に書いたのですが、私のカード(VISA=セディナ)では、深夜に高額を決済すると、セキュリティーがかかって使えなくなります。

    航空券(20万円程度)をネット決済しようとした時にロックがかかって決済できなかったので、その時は違うカード(VISA)で決済しました。

    後日、カード会社から電話がかかってきて、確認をされたので、盗難されていないことを伝え、たまたま話の流れで近く外国旅行をすることを言ったら、「その期間中、セキュリティーを解除しますか?」と言われたので、日本時間の深夜に支払いをすることもあるかもと思い、解除をしました。

    セキュリティーロックがかかるカードの場合、決済の額というより、時間によるようです。

  • TOSHI より:

    私はJCBと三井住友MASTERの2枚しか持っていないので、ホテルチェックアウト当日MASTERが使えないと困ってしまいます。
    そこで、三井住友カードに海外におけるロック限度額について照会しましたが、やはり教えてもらえませんでした。
    その際、カード会社の方からセキュリティーを解除する提案を受けましたが、今回の決済予定額は€1,000程度であり、万一の盗難紛失を考慮して限度額を上限値まで広げるのではなく、渡航情報(期間と行先)を
    記録しておいて利用承認を出す場合の参考にしてもらう・・ことになりました。

    現地で承認がおりにくくなったら(決済がしづらくなったら)、数分おいてから再度カードリーダーに通すとOKになることがあります・・とのことです。

    携帯電話の電話帳にカード会社の連絡先を登録しておいて、万一の場合にはすぐに交渉できるよう準備しておきたいと考えています。

  • アコ より:

    盗難で不正使用される心配と、使用したい時に使用できない心配と
    ウーン?悩みますね(-_-;)
    金額でロックなら、主人の無駄遣いの心配がなくなるので嬉しいですけど。W

  • Scibatini より:

    経験したのはあるホテルだけのことですが、現金支払いだと5%オフでした。 カード会社に払う手数料が6だか7%と言ってたようなので、5引いても彼らにとっては若干ながらメリットがあるのだなと思った記憶があります。 

    裏づけ取っていませんが、某社法人カードの手数料は17~18%と聞いたことがあります。 これでは儲けが無いどころか、へたすれば赤字だろうなと思ったものです。

    また、日本ではカードで支払おうとすると、ときどき手数料を上乗せして請求されることがあります。 これは、やってはいけないことだと聞いたことがあるのですが、逆にカードでなければ割り引くというのは許されるのかな?とも思ったものです。 概ね、現金であろうがカードであろうが同額なので、興味があるもののなかなか調べてみる気になれません。 詳しい方からのレクチャー、お待ちしています。

    ***
    三井住友VISAのロック解除条件は、日本時間の日にち単位でしか設定できないと説明を受けました。 イタリア現地時間の午前・午後とかで受け付けてもらえないか、レンタカー会社とかホテルなど特定の加入者のみ指定してロック解除できないかなども聞いてみましたが、現状のセキュリティー・システムでは対応できないとのことでした。

    将来的にはネットでロック解除条件を細かく設定できるようになることを期待したいです。

  • マンマユーキ より:

    カード自体の盗難ではないのですが、3年ほど前、スペインに行った後、数ヶ月して、日本にいるときに、カード会社からメールと電話がありました。
    レバノンで今日、高額の買い物をされましたか?と聞かれたので、いや、今日本にいるし、レバノンで買い物できません、レバノンは行ったことありません、といったら、そうですよね、ということで、これは不正使用ということで対処します、と言われ、引き落としされませんでした。(引き落としされなかったので、いくら使われた(使われそうになった)のかはわかりませんでした)
    カード会社のセキュリティ不正利用検知システムにひっかかったとのことでした。

    他に不正使用の疑いがある記録はないですかと言われ、その3日前に、海外で少額のネット決済された様子があり(700円ほど)、それも使用した覚えがなかったので、申告したところ、おそらくカードが使えるかどうかの試しに使われたものではないか、ということでした。それも結局引き落としはされませんでした。

    一応、書類を書いてほしいということで、異議申立書というのを送るので、書いて送りかえしてほしいということで、書いて返送しました。

    カード自体は、盗難にあってないし、特別あやしいお店で買い物した記憶もないのですが、カード会社によると、おそらくスキミングではないかとのことでした。
    最後の海外使用がスペインだったので、おそらくスペインだろうということでした(多いみたいです)
    多くの場所でカード決済していたので、どこでスキミングされたのかは結局わからないままです。
    楽天カードなんですけど、私に連絡する前にすでに一時使用停止にされていて、そのあと新しい番号のカードを10日後くらいに送ってこられました。
    カード系の盗難被害は初めてだったので、驚いた記憶があります。

    カード盗難時、ショッピングで使用された場合は、カード会社が盗難保険に入っていて、カード盗難の申告から前後60日は保険がきく場合が多いようです(カードによって違うこともあるのでカード規約等を要確認)。
    ただし、キャッシングについては、暗証番号を入力して下ろされた場合は、盗難保険がきかない場合があるそうです。暗証番号をしっかり管理していれば、仮にカードを盗難されても、キャッシングできないはずだ、ということで、暗証番号の管理に落ち度があった(たとえばカードに番号を書いてたとか、誕生日など簡単に類推される番号にしてたとか)と考えられるからのようです。

    私の場合、いつスキミングされたのか不明ですが、すぐに連絡してもらえて、明らかな不正使用だったため、手続きも簡単に済んでラッキーだったと思います。

    知らないうちに限度額が大きくなっていることがあるので、私は、たくさん使用する予定の時は、海外に行く前に、限度額を確認して、ショッピング用には、いつごろ海外使用しますという届け出と、キャッシングは、必要かつ最低限の限度額にするようにしています。(限度額は申告すれば下げられます)
    確か、海外旅行時のみ、事前申告でショッピング限度額をあげられるカードもあるようです。(カード利用枠一時引き上げ)多額を使用する予定があるなら、これでショッピング限度額をあげておくのもよいのではないかと思います。私は、海外で多額を使用することはまずないので、したことはないです。会社によってはネットで簡単にできるみたいです。

    あと、行く前に暗証番号を変更して、帰ったら暗証番号をまた変更してもとに戻すようにしています。これも、ネットで簡単にできるカード会社が多いです。

    ショッピングに限っては、盗難保険適用されるカードであれば、盗難をそれほど恐れる必要はないかと思います。

    また、カード盗難の場合、カード会社への届け出はもちろん必須でそちらが最優先ですが、盗難保険の適用に盗難証明書などが必要になる場合があるので、警察への盗難届も合わせて必要なようです。
    キャッシングなどのことを考えると、少しでも早く連絡した方がいいので、クレジット会社の盗難時連絡先は、いくつか控えを作っておいて、すぐに連絡できるようにしています。

    通常使用するショッピング用のカードはキャッシング0円にしておいて、予備のカードにのみキャッシング枠をつけておくなどの方法をとることもあります。

  • ちょこ より:

    はじめまして。マンマユーキさんの、スキミングのコメントを見て、まさに同じ体験をしたので、書き込みさせて頂きます。イタリアから帰国後、カード会社から連絡があり、昨日、ナポリで買い物をしたか聞かれました。日本にいるので、ありえないと言うと、ここ数日間で、何回かに分けて、100万円分くらい使われていました。最初は数ユーロ程度の小額を数回、その後、10万円単位の家電が買われたとのこと。カードの上限が300万だったので、最初の分は決済されていましたが、海外で家電を何度も買うのを不審に思ったカード会社からの確認で、発覚しました。もちろん、保険で対処して頂き、一切支払うことはなかったのですが、気持ち悪いのと、カード番号が変わる不便さに閉口しました。思い当たるのは、ナポリのトラットリアです。カードを見えないところに持っていって決済していたのは、その店だけでした。依頼、かならず目の前で決済してもらうようにしています。ご参考になれば幸いです。

  • アコ より:

    最近、ヨーロッパでスキミングが増えていると聞いて対策を考えています。
    目の前でカードリーダーに差し込んで暗証番号を入れるというのが確実と思いますが、イタリア語でどのように言えば良いのでしょうか?疑っているようで、お店の方に失礼でしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Powered by WordPress. Design: Supermodne.