ベネツィア&ブラーノ島&トリエステ 宿泊おすすめ地域

はじめまして。
夏にベネツィア&ブラーノ島&トリエステに行く予定です。

ベネツィア=サンマルコ寺院、サンタマリアデッラサルーテ教会
ブラーノ島=島を散策
トリエステ=自転車レンタルをして町を散策

の予定です。
一泊の予定ですが、無謀でしょうか?
(もし無謀であれば、離れたトリエステを諦めます)

また、この中で1泊する場合、どの地域がおすすめでしょうか?

治安・夜の街並み風景・朝の街並み風景・料金

メリットデメリット含めてご意見
アドバイスいただければ幸いです。

この3つ以外でルート・料金的にお勧めがあればそちらも教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

6 Responses to “ベネツィア&ブラーノ島&トリエステ 宿泊おすすめ地域”

  • MAT より:

    前後の行程次第かと。
    前夜ベネチア泊当日ベネチア泊翌日トリエステ泊なら可能でしょう。半日教会半日ブラーノ翌午前トリエステに移動の組み立てです。

  • 匿名 より:

    早いお返事ありがとうございます。
    感謝いたします。

    そして言葉足らずですみません。前後の工程としては、
    早朝にミラノを出発し、翌日の夜ミラノに戻ります。

    この場合でも、トリエステをプランに入れることは可能でしょうか?
    この旅で一番楽しみにしている場所はブラーノ島です。

    治安&宿泊施設からの朝夜の景色&料金を含めて
    お勧めの宿泊池についてご意見いただければ幸いです☆

  • 匿名 より:

    トリエステに行ったことはないのですが、ベネチアに関して、ブラーノとサンマルコ寺院、サンタマリアデッラサルーテ教会だけなら、サクサク見るなら1日かからないと思います。
    早朝ミラノ→ベネチア到着→ブラーノに向かう(ムラーノ経由、そこで30分ぐらいブラーノ行きの行列に並びました)
    ブラーノの水上バス乗り場付近、徒歩15分圏内で散策を終わらせることですね。ついつい散策の範囲を広げてしまうんですが、だいたいどこも同じような景色なので、欲を出さずに、一通り写真でも撮ったら撤退して、サンマルコ広場へ向かうといいと思います。
    水上バスの時間にもよりますが、ブラーノを30分ぐらいで終わらせることがポイントかと。
    サンマルコ広場に行けば、入場するのに列に並ばないといけないですが、2か所だけでいいなら、当日のうちに十分いけるかと。但し、他にも興味を持ってついつい寄り道しがちになると思うので、そこは目的地を達成するまでは自制してくださいね。

    水上バスの夕暮れと、水面にキラキラ光る夜景が感動的でしたが、とにかく日没が遅い。メストレに宿をとっていたせいで、日が沈むのを待つためになかなかホテルに戻れませんでした。なのでヴェネチア島に宿をとればよかったかなぁと思っています。

    翌日1日でトリエステに行ってミラノに戻れるようなものならば、いけるんじゃないですかね?

  • 匿名 より:

    ご丁寧なお返事ありがとうございます。
    ブラーノとベネツィアを経験された方のご意見が聞けて
    とてもとても嬉しいです!!

    また、私の予定に沿ったアドバイスもありがとうございます!!

    ベネツィアの夜は素敵と聞いていたのですが、宿が高いのと
    女友達と二人で行くので、治安的に心配しておりました。。。

    匿名様のアドバイスを聞いて、ベネツィアの夜景を
    見たくなってしまったので、
    ベネツィア宿泊で予定をすすめようと思います。

    がっちり腹巻の中にパスポート・クレカ・お金を隠して
    怪しい人が近寄った来たら走って逃げます!

    ついつい欲張りして、浮かれて時間が過ぎてしまうのは旅あるあるなので
    アドバイスいただきました通り目標達成するまでは自制あるのみ!

    楽しみます♪

  • MAT より:

    この日程で初日トリエステ入りはないでしょうね。
    戻りがトリエステ17時過ぎ発ミラノ21時過ぎ着のフレッチャロッサなら二日目トリエステは可能でしょう。

  • 匿名 より:

    MAT様

    何度もアドバイスいただきありがとうございます。
    初日ベネツィア&ブラーノを回って
    余裕があったらトリエステに足をのばそうと思います。

    当初、初日をトリエステにする案を考えておりましたので
    アドバイス感謝しております


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Powered by WordPress. Design: Supermodne.