南サルデーニャ鉄道のSLの現状を知りたいのですが。

質問No.5677512 :  より

日本でも、コロナ禍が落ち着いてから、蒸気機関車ウィンチルトゥール形No.43 GOITOを紹介する番組が再放送されています。オペラやマーラーなどの曲をバックに力走する姿は、強く印象に残りました。今でも運行されることがあるのでしょうか?
>また、南伊の世界遺産のカステル・デル・モンテから、サルデーニャ島は見えるのでしょうか?同緯度帯にあるようで、気になりました。

3 Responses to “南サルデーニャ鉄道のSLの現状を知りたいのですが。”

  • 匿名 より:

    昨年カリアリ駅構内で展示されているのを見ました。現役ではないです。走っている列車はディーゼルでした。

    カステル・デル・モンテはアドリア海側のプーリア州にあるので、いくら何でもティレニア海側は見えませんし、そもそもアドリア海も見えません。視界は一面のムルジェと呼ばれる乾いた大地とオリーブ畑ばかりです。

  • MAT より:

    2019年にサルドに行ったときに調べた話ですが、
    1)ゴイトは2006年に引退し現在は運行していない
    2)運行していた時も山火事の危険があるので冬場の特別運行のみ
    というメモが残っていました。

  • 茶好 より:

    匿名様、MAT 様 ご教示ありがとうございました。
     考えてみれば、蒸気機関車とは給炭・給水設備だけでなく、煤煙による山火事の危険もあるのですね。石炭の質もあるかも知れませんが、多雨の日本は、その点恵まれているのかもしれませんね。
     ありがとうございました。

この質問に返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です