帰国時のPCR検査

同じような質問をお許し下さい。
日本帰国時のPCR検査の要求事項が非常に厳格で、どのようにしてそれと合致する検査機関を見つけたら良いのか悩んでいます。
例えばローマで探したい場合のアドバイスをお願いいたします。
また、帰国のフライトの何時間前を目安に受けるのが確実なのでしょうか。乗り継ぎ便で合計16時間ぐらいで帰国する場合を念頭に置いています。

3 Responses to “帰国時のPCR検査”

  • 堂 剛 より:

    以前の投稿(No.3935551)の回答にもありましたが、ローマでもフィレンツェでもSYNLABという医療機関がわかりやすいです。イタリア全土に開業している会社です。
    www.synlab.it/

    現時点で、日本の厚生労働省の取り決めでは、海外から日本へ入国するすべての人は、国籍を問わず、「出国前72時間以内の検査証明書」の提出が必要となっています。

    詳しくは下記の厚生労働省のページ
    www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya…
    www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya…

    注意点は証明書は発行が72時間前なのではなく、72時間前に検査する必要があることです。

    その検査はSYNLABで可能です。料金は下記のとおり。
    www.synlab.it/test-covid-19.html

    COVID-19 PCR test (molecolar, swab) 50 Euro
    Surcharge for PCR test within 24 hours + 50 Euro
    Surcharge for PCR test with English report + 10 Euro
    合計で110ユーロかかります。
    過去に知人が何人も同様の検査を受けて日本に帰国していますが、相場は100-200ユーロなので、料金も普通だと思います。

    (注意1)日本の厚生労働省のサイトによると「検査証明書の様式は所定のフォーマットを使用して下さい。」とありますが、通常、医療機関ではこちらがフォーマットを指定することはできません。各医療機関が決めたフォーマットで証明書が発行されます。ただし、そのフォーマットで十分に必要要件をクリアしていて入国できるようです。私の友達も何人も問題なく日本に帰国できています。きちんと72時間前の検査を受けている限り、邦人が本国に入国を拒否されることは、まずないと思われます。

    (注意2)日本入国の要件は過去に何度か変更されています。今後も変わる可能性があります。渡航時は随時、日本の厚生労働省のサイトを確認しましょう。

  • 匿名 より:

    質問者です。情報ありがとうございます。
    ちゃんと検査を受けている限り邦人が本国に入国を拒否されることはまずない・・と信じたいのですが、実際に拒否された事例が多々発生しているため、不安になって質問した次第です。読売新聞サイトのニュースやANAのサイトにも書かれているため注意を要すると思います。
    例えばオランダでは一般的な鼻腔ぬぐいで検査を受けた人が搭乗拒否されたり(鼻咽頭との区別など素人には分かりません)、ちゃんと検査を受けたにもかかわらず作成書類が不備だったため搭乗拒否されたり、7時間の時差を計算に入れずに検査を受けてしまって搭乗拒否されたり・・などなどです。
    しかしお書きになった検査機関で検査を受けた方々がちゃんと帰国できたというのは何よりも心強い情報です。これで安心できます。有り難うございました。

  • 堂 剛 より:

    邦人が入国拒否されることもあるのですね、気をつけないといけないですね。またそれ以上に、利用する航空会社の搭乗条件をクリアする検査に留意したほうが良いですね。航空会社は日本人だからといって条件が甘くなることはないので、利用前にそのとき搭乗に必要な書類をしっかりと用意しないといけないですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Powered by WordPress. Design: Supermodne.